コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャラール・アッディーン Jalāl al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

ジャラール・アッディーン【Jalāl al‐Dīn】

?‐1231
ホラズム・シャー朝の最後の君主。在位1220‐31年。アフガニスタン北部のパルワーンParwānの戦でモンゴル軍を破り,チンギス・ハーン追われるや,単騎インダス川を渡って逃れて名をあげた。王朝再興のため尽力し,アッバース朝カリフとの抗争でバグダードへ遠征,その後ウズベクÖz Begと戦ってタブリーズを取り,グルジアアルメニアアナトリア遠征を行った。最後はモンゴル軍から逃れようとして,東部アナトリアの山中で,クルド人に殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャラール・アッディーンの関連キーワード民主代表選安達泰盛郭守敬周期表正法眼蔵ホラズム朝寛喜新制寛喜の大飢饉サレルノ大学正法眼蔵

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone