コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャラール・アッディーン Jalāl al‐Dīn

世界大百科事典 第2版の解説

ジャラール・アッディーン【Jalāl al‐Dīn】

?‐1231
ホラズム・シャー朝の最後の君主。在位1220‐31年。アフガニスタン北部のパルワーンParwānの戦でモンゴル軍を破り,チンギス・ハーンに追われるや,単騎インダス川を渡って逃れて名をあげた。王朝再興のため尽力し,アッバース朝カリフとの抗争でバグダードへ遠征,その後ウズベクÖz Begと戦ってタブリーズを取り,グルジアアルメニア,アナトリア遠征を行った。最後はモンゴル軍から逃れようとして,東部アナトリアの山中で,クルド人に殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジャラール・アッディーンの関連キーワードチンギス・ハーンアーグラ城塞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android