コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャワマングース

1件 の用語解説(ジャワマングースの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジャワマングース

体長30~40センチ。本来はインドや中東、東南アジア一帯に生息。日本では毒ヘビのハブやネズミ駆除を目的に1910年、東京帝国大教授が持ち込んだ十数匹が那覇市で放されたのが最初。奄美大島では那覇経由の十数匹が79年に放されたとされる。興行でハブと闘わせたりするが、昼行性のため、夜行性のハブを襲うことはまずなく、両島では希少種のヤンバルクイナアマミノクロウサギなど小動物を捕食している。年に1、2回出産し、1回に2、3匹生まれる。生後約180日で成獣になる。生態系に深刻な影響を与えるとして環境省特定外来生物に指定している。

(2010-03-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャワマングースの関連キーワードインドリカラカルサーランギバザールセンチ波ウインドヤッケ鬘桶どやどや灰色狐御センチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャワマングースの関連情報