コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン[2世] Jean II

世界大百科事典 第2版の解説

ジャン[2世]【Jean II】

1319‐64
バロア朝第2代のフランス国王。在位1350‐64年。善王le Bonと呼ばれた。フィリップ6世の子。彼の治世は百年戦争の渦中にあって,政治的・社会的混乱はいちじるしく,ポアティエの戦(1356)では,エドワード黒太子のひきいるイギリス軍に敗れ,王自身も捕虜となり,ボルドーからロンドンに連行された。その間,皇太子シャルル(のちのシャルル5世)が摂政となり,フランスが直面する内外の危機の打開につとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジャン[2世]の関連キーワードバロア

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android