ジャンヌ・サマリーの肖像

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジャンヌ・サマリーの肖像

仏国立劇場コメディー・フランセーズの19世紀後半の人気女優の肖像。ルノワールは彼女を気に入り、何枚もの肖像画を手がけた。中でもこの作品は「印象派時代のルノワールの肖像画で最も美しい」とされる。ジャンヌは腸チフスで33歳で世を去った。

(2013-05-02 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android