コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン・ミッシェル・バスキア

1件 の用語解説(ジャン・ミッシェル・バスキアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジャン・ミッシェル・バスキア

1960年にニューヨーク市で生まれた米国の現代美術作家。地下鉄や壁に描く落書きで、ポップアートの旗手のアンディ・ウォーホルに才能を発掘され一躍人気が高まった。88年、27歳の若さで薬物中毒のため死亡した。日本で回顧展が開かれたほか、96年に米国で映画化され、日本でも広く知られるようになった。

(2009-12-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャン・ミッシェル・バスキアの関連キーワードメニューインニューアムステルダムニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨーク平均株価ミニニュークニューヨーク(NY)ダウニューヨーククローズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャン・ミッシェル・バスキアの関連情報