コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャーゲン Jurgen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャーゲン
Jurgen

アメリカの作家ジェームズ・ブランチ・キャベルの小説。 1919年刊。中世架空の地方ポアテムを背景にした連作の一つ。質屋の主人である中年男ジャーゲンは,口やかましい妻が悪魔にさらわれて突然姿を消すと,いやいやながら妻を捜しに出る。天国と地獄をさまよううちに昔の恋人や神話伝説上の女性に会ってさまざまな冒険をするが,最後に美女を捨てて妻を取返し,再びもとの中年男の生活に戻る,という物語。皮肉と幻想のうちに現代社会を鋭く批判したこの作品は,風俗を乱すとして裁判沙汰になり,広く話題を呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャーゲンの関連キーワードベートソン(Gregory Bateson)ジェームス・ブランチ キャベル花王

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android