ジャーミ・アッタワーリーフ(英語表記)Jāmi` al-Tawārīkh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャーミ・アッタワーリーフ
Jāmi` al-Tawārīkh

ペルシア語による世界史。イル・ハン国に仕えたイラン人宰相ラシード・ウッディーン (1247~1318) がガーザーン・ハン (合賛汗) の命令によって 1310/1年に完成し,イル・ハン,ウルジャーイトゥーに献呈した。『集史』あるいは『総合史』と訳される。本書は全3巻から成るように編纂されているが,第1巻のモンゴル史,第2巻第2編の万国史が残っているだけで,第2巻第1編ウルジャーイトゥー・ハン史および第3巻地理誌は実際には書かれなかったらしい。ラシード・ウッディーンは本書の編纂にあたり,モンゴルの古文献や国の内外の人々の証言を大幅に採用,それを簡潔な文章をもって整理,叙述した。ペルシア史学史上最大の傑作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android