コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジヤード・イブン・アビーヒ Ziyād ibn Abīhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジヤード・イブン・アビーヒ
Ziyād ibn Abīhi

[生]613頃.ターイフ
[没]673. バスラ
ウマイヤ朝イラク三大総督の一人。メッカ近郊の町ターイフのサキーフ族出身。母が奴隷で,父が不明のため,「彼の父の子」,すなわちイブン・アビーヒと呼ばれた。若くからその有能さで知られ,一時は第4代カリフ,アリーのバスラ総督でもあったが,ウマイヤ朝のムアーウィヤ1世により 665年,同じバスラ総督に任命され,670年にはクーファ総督を兼任した。ムアーウィヤは統治者としての彼の能力を評価して,彼は自分の父のアブー・スフヤーンが彼の母に生ませた子であると称したので,彼はジヤード・イブン・アビー・スフヤーンとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジヤード・イブン・アビーヒの関連キーワード楊玄感クロタール2世ブルンヒルダ楊玄感ジゲベルト2世法蔵沙宅紹明天武天皇松戸市立病院焼酎の輸出量

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android