ジュゴンと米軍基地

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジュゴンと米軍基地

ジュゴンは熱帯や亜熱帯の沿岸にすむ哺乳(ほにゅう)類。体長3メートル、体重約400キロ。その姿から、人魚のモデルともいわれる。日本では沖縄本島周辺に生息するとみられるが、海洋汚染の影響などで急減し、日本では2007年に絶滅危惧(きぐ)種に指定された。辺野古ジュゴンを巡っては、国際自然保護連合(本部・スイス)が過去3回、基地施設によるジュゴンへの影響を回避・軽減することなどを求め、日本政府に勧告を出している。署名はこの勧告の履行などを求めている。また、辺野古への新基地建設が生息環境を脅かすとして、日米の自然保護団体などがジュゴン自身も原告に加え、米国防総省を相手取って違法性を問うた「ジュゴン裁判」がある。08年1月に米サンフランシスコ連邦地裁が、「米政府の対応は米文化財保護法に違反する」との判決を出し、現在、原告と被告で法の順守方法について協議中。

(2010-08-29 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android