コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュスティーヌあるいは美徳の不幸 ジュスティーヌあるいはびとくのふこうJustine, ou les Malheurs de la vertu

1件 の用語解説(ジュスティーヌあるいは美徳の不幸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュスティーヌあるいは美徳の不幸
ジュスティーヌあるいはびとくのふこう
Justine, ou les Malheurs de la vertu

フランスの作家サド侯爵の小説。バスチーユ牢内で書かれ,1791年刊。純情な妹ジュスティーヌがあらん限りの不幸にあい,淫蕩な姉ジュリエットが栄華をきわめるという,モラルを逆転させた一種の教養小説

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone