コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュスティーヌあるいは美徳の不幸 ジュスティーヌあるいはびとくのふこうJustine, ou les Malheurs de la vertu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュスティーヌあるいは美徳の不幸
ジュスティーヌあるいはびとくのふこう
Justine, ou les Malheurs de la vertu

フランスの作家サド侯爵の小説。バスチーユ牢内で書かれ,1791年刊。純情な妹ジュスティーヌがあらん限りの不幸にあい,淫蕩な姉ジュリエットが栄華をきわめるという,モラルを逆転させた一種の教養小説

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android