コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュズネノキ(数珠根の木) ジュズネノキDamnacanthus indicus var. major

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュズネノキ(数珠根の木)
ジュズネノキ
Damnacanthus indicus var. major

アカネ科の常緑小低木。アジア南部から東部の暖帯亜熱帯に広く分布する。日本では東海地方より西の暖地の木陰に生える。高さ 50cm内外で小枝の変化した針状とげが葉の基部につく。根はじょうぶで,よく分枝する。ごくまれにじゅず状にふくらむことがあるのでこの和名がある。葉は対生し,卵形で長さ2~5cm,質は硬く深緑色で光沢がある。4~5月頃,葉腋に少数の白花をつける。花冠は長さ 15~18mmの細長い漏斗状で,上部は4裂する。果実は径 5mmほどの球形核果で,上部に萼裂片が残り越冬して紅熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジュズネノキ(数珠根の木)の関連キーワードアカネ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android