コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュトフェン ジュトフェンZutphen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュトフェン
Zutphen

オランダ東部,ヘルデルラント州の都市。アイセル川の中流域,ベルケル川の合流点に位置する。 11世紀に建設され,独立した伯領であったが,1190年ヘルデルラント公領となった。 1312年に囲壁が設けられ,ハンザ同盟都市として繁栄したが,1572年スペインに略奪された。城門 (1312) の遺跡,見張塔 (1444~46) ,聖ワルブルギス聖堂 (13~15世紀) ,ワイン蔵の塔 (1627) ,市庁舎 (1729) などの建造物が残る。木材取引の中心地で,製紙,金属,繊維などの工業が立地。人口3万 1040 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジュトフェンの関連キーワードレーデン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android