コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュニア・カレッジ junior college

翻訳|junior college

1件 の用語解説(ジュニア・カレッジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジュニア・カレッジ【junior college】

アメリカの2年制高等教育機関。戦後日本の短期大学の一つのモデルとなった。20世紀初頭に出現,1920年代に急速に発展する。これは青年期問題が社会問題化した時期とも重なる。アメリカにおける中等教育の普及ののち,増加したハイ・スクール卒業後の失業青年,地元に上級学校がなく進学先に恵まれない地方の青年たちを受けいれる場となり,専門と教養に関する教育を短縮した形で与え,高等教育を大衆に近づきやすくするとともに青年にモラトリアム延長の機会を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジュニア・カレッジの言及

【コミュニティ・カレッジ】より

…授業は昼間・夜間を通して行われ,(1)4年制大学後期課程への編入コース,(2)各種資格取得のための職業教育コース,(3)地域住民の学習要求にこたえる地域サービス・コースの3コースがある。歴史的には,20世紀初頭とくに1920年代に入って発展したジュニア・カレッジが大衆化されたものであり,1965年の高等教育法を契機に飛躍的に拡充された。州によって形態(財政・運営等)は多少異なるが,代表的なカリフォルニア州のコミュニティ・カレッジは,人口20万前後に1校,すでに100校以上設立され,住民の公選による大学理事会によって管理・運営されている。…

【短期大学】より

…略称,短大。第2次世界大戦後の教育改革により大学は4年制を原則とすることになったが,その基準に達せず,しかも価値ある旧制専門学校を存続させるため,アメリカのジュニア・カレッジ制度を参考に1950年度から暫定的制度として発足した。その発足には,実際的な専門職業教育や中堅的社会人養成の要求も反映していた。…

※「ジュニア・カレッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュニア・カレッジの関連情報