ジュネーブ詩篇歌(読み)ジュネーブしへんか(英語表記)Genevan Psalter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュネーブ詩篇歌
ジュネーブしへんか
Genevan Psalter

宗教改革者 J.カルバンの改革運動の拠点となったジュネーブにおいて,カルバンとその協力者 C.マローおよび T.ベザによって,1562年に完成された 150編のプロテスタント改革派教会の礼拝用聖歌集。フランスの宮廷でフランソア1世の侍従であったマローがダビデの詩篇数編をフランス語韻文に訳して宮廷で歌わせたバラードの節をベザが引継ぎ,新たに L.ブルジョワが加わって加筆編集。スイス,フランスの改革派教会で広く愛唱されたので,フランス・ジュネーブ詩編歌 French-Genevan Psalterとも呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android