コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュバイニー家 ジュバイニーけJuvaynīyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュバイニー家
ジュバイニーけ
Juvaynīyān

イラン,ホラーサーン地方のジュバイン出身の名家。セルジューク朝ホラズム・シャー朝イル・ハン国の諸王朝に代々財務長官として仕えた。イル・ハンに仕え,『世界征服者の歴史』 Tārīkh-i Jahān-gushāを著わしたアラー・ウッディーン (→ジュバイニー ) のとき,最も権勢を誇ったが,彼の没後政敵の陰謀によって急速に衰え,一族は次々と処刑されてジュバイニー家は絶えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android