コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュピター T10型

1件 の用語解説(ジュピター T10型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ジュピター T10型

当時6トンクラス以上のいわゆる大型トラックの生産は三菱日本重工など数社が、また、2トン以下の小型4輪トラックは日野、トヨタ等が生産していたが、それらの中間に位置する2.5~4トン車はどのメーカでも生産されていなかったが、この空白の中型トラック分野を埋めた先駆車である。 ジープガソリンエンジンを主体に、それをそっくりディーゼル化した高速ディーゼルまで搭載できる本シリーズは、ホイ-ルベースの組合せを含め今日でいうワイドセレクション先駆けをなすものでもある。 1958年 2.5tトン積のT10型、3トン積のT11型を試作し、翌年生産・販売した。その後出現したT22型は足回りの強化とエンジンパワーアップを図った本格的中型トラックである。保管場所三菱自動車工業(株)水島自動車製作所総務部 (〒712-8501 岡山県水島市海岸通一丁目1番地 )
製作(製造)年1959
製作者(社)新三菱重工業株式会社
資料の種類設計図・文献
現状保存・公開
車名ジュピター(TD10DAH型)
会社名新三菱重工(株)
製作開始年1959
車種・用途中型4輪トラック
スタイルボンネットトラック
ドア数2
乗員3
車両総重量4,400kg
エピソード・話題性中型トラックの先駆車
構造鋼板
バンパーあり
全長5,400mm
全幅1,900mm
全高1,960mm
タイヤサイズ゙6.5-16-8P
フレーム梯子型
前軸両持半楕円バネ式
後軸両持半楕円バネ式
軸距3,310mm
前トレッドx後トレッド1,370×1,400
ダンパー筒型単動式
スタビライザーなし
冷却/気筒配列水冷/4直
弁機構OHV
内径x行程79.4×111.1mm
排気量2,199cc
最高出力/回転数61PS/3600rpm
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進4段
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献三菱自動車工業(株)社史 日本の自動車技術20年史(自技会) みずしま自動車50年史
その他事項積載重量:2,500kg;前照灯:丸型、シールドビーム;ワイパー:電動式;走行安定性:なし;原動機:名称 KE31;種類:ディーゼル;比出力:27.7PS/L;最高速度:80km/h;燃費率:12.5km/L;備考:ガソリン車(T11型)もあり;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュピター T10型の関連キーワードスピードリミッターいわゆる脱法ドラッグ円板クラッチトラス橋コーンクラッチスクラッチノイズトランクピストン豆乳臭イントラスパーライトコレクションクラス (collection class)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone