コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュラ[島] Jura

世界大百科事典 第2版の解説

ジュラ[島]【Jura】

イギリス,スコットランド西岸沖,インナー・ヘブリディーズ諸島南部の島。全長約45km,最大幅約13kmで面積381km2,人口946(1961)。本土のキンタイア半島とは東側のジュラ海峡で隔てられ,また西からはタルバート湾が湾入して島がほぼ二分される。中央を山地が縦走し,最高のベン・アン・オイア山は785mに達するため羊・牛の放牧と漁業が主産業で,耕作東海岸に限られる。広い森林には鹿が生息し,狩猟地として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android