コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリアス・シーザー Julius Caesar

翻訳|Julius Caesar

世界大百科事典 第2版の解説

ジュリアス・シーザー【Julius Caesar】

イギリスの劇作家シェークスピアローマ史劇。1599年ごろ初演。T.ノース訳のプルタルコス英雄伝》に題材を得ている。王位への野心を抱くシーザー(カエサル)に対する貴族たちの反感を利用して,キャシアス(カッシウス)は彼への陰謀をたくらみ,高潔なブルータス(ブルトゥス)も祖国の自由のためにそれに加わる。暗殺が成功したあと,シーザーの追悼演説を許されたアントニー(アントニウス)は巧妙な弁舌で民衆を扇動して,共謀者への反抗に立ち上がらせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジュリアス・シーザーの言及

【シェークスピア】より

…ようやく自己の本領を発揮し始めた第2期には,結婚を終着点とするロマンティックなアクションを,風刺と諧謔によって多彩に色づけた喜劇を続けて創作し,歴史劇にも愛すべき悪党フォールスタッフの登場する喜劇的脇筋を構築した。他方,《ジュリアス・シーザー》などの作品にはすでに瞑想的な道徳家肌のブルータスと現実的な扇動家タイプのアントニーといったように,性格創造の内面化が見られる。第3期を代表するいわゆる四大悲劇はいずれも人間における美しい外面と醜い実相の背馳をあばき,善と悪,秩序と混沌の争いを描いた傑作である。…

※「ジュリアス・シーザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュリアス・シーザーの関連キーワード真紅なる海に祈りを アントニーとクレオパトラ暁のローマ 「ジュリアス・シーザー」よりメースン(James Mason)アーサー・ジョン ギールグッドネミロビッチ=ダンチェンコロスコー・リー ブラウンチャールズ ダーニングシェークスピア(年譜)沢村 宗之助(初代)ジェームス メーソンジュリオ・チェーザレタビアーニ(兄弟)マーティン シーンジョン ハウスマンジル ベネットマンキウィッツダベンポートシーザー暗号カチャーロフシーザー主義