コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリオ・ロマーノ Giulio Romano

1件 の用語解説(ジュリオ・ロマーノの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジュリオ・ロマーノ【Giulio Romano】

1499‐1546
マニエリスムを代表する16世紀イタリアの画家,建築家。本名ピッピGiulio Pippi。ローマに生まれ,ラファエロの工房で修業。その高弟として,バチカン宮殿内の壁画をはじめとする師の晩年の作品の多くを共同で制作した。1524年フェデリコ・ゴンザーガに招かれてマントバに移り,公の別荘パラッツォ・デル・テ(1525‐32)を建設,主宮殿パラッツォ・ドゥカーレの改修に従事し,市の都市・水利計画を指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジュリオ・ロマーノの言及

【マニエリスム】より

…そして,その折衷的制作方法の中に,マニエリスムのもっとも根源的な〈手法主義〉の萌芽があった。したがって,ラファエロの工房で働いたジュリオ・ロマーノらは,既成の古典主義的手法を技巧的な手練をもって使用することにより,古典主義の基礎である〈自然〉から離れ,結果として〈様式主義〉または〈手法主義〉におちいっている。 以上のほか,マニエリスムの様式上の具体的な先例としては,16世紀初頭に発見された《ラオコオン》をはじめとするヘレニズム期のドラマティックな彫刻と,デューラーを代表とする北方の芸術家が伝えた非ラテン的精神主義などが指摘できる。…

※「ジュリオ・ロマーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュリオ・ロマーノの関連キーワードマニエリスムシュールレアリスム代表権ブールマニエマニエールユマニスムマニエラマニエリズモオルガス伯の埋葬カルヴァリア-ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone