コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリム(哲里木)盟 ジュリムZhelimu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュリム(哲里木)〔盟〕
ジュリム
Zhelimu

中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区北東部の地区。内モンゴル高原の東縁にあり,北部はターシンアンリン (大興安嶺) 山脈が占める。中部から南部はリヤオ (遼) 河平原に低下する丘陵地である。行政中心地はトンリヤオ (通遼) 市で,ほかに1市1県,5旗がある。 1970~79年はチーリン (吉林) 省に編入されていた。草原が広がり,ウマ,ウシ,ヒツジの放牧地となっているが,南半には砂漠も多い。谷ではコーリャン,アワ,テンサイなどが栽培される。飛砂の害を防ぐ植林が大規模に進んでおり,シーリヤオ (西遼) 河沿いではモーリーミヤオ (莫力廟) ダムを中心とした灌漑施設を建設して,牧草地や耕地の造成が進んでいる。南東部をターチョン (大鄭) 鉄道とチントン (京通) 鉄道が通り,沿線のトンリヤオ市には軽工業が発達している。人口 275万 3727 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジュリム(哲里木)盟の関連キーワードショワンリヤオ(双遼)県トンリヤオ(通遼)市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android