コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョアン[3世] João III

世界大百科事典 第2版の解説

ジョアン[3世]【João III】

1502‐57
ポルトガル王。在位1521‐57年。父王マヌエル1世から最盛期のポルトガル海洋帝国を受け継いだ。以後アジア,アフリカでは守勢に回ったが,ブラジルでは植民活動の基礎を築いた。学芸の保護育成に努め,ポルトガル・ルネサンス文化の開花をみた。カトリック保護政策を採り,ユダヤ人の追放,宗教裁判所の確立,海外布教活動を進めた。【金七 紀男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジョアン[3世]の言及

【大航海時代】より

…大西洋への進出は遠洋漁業という形をとったが,アフリカへの進出は武力進出の形をとった。1415年ポルトガル国王ジョアン1世はモロッコのセウタを占領し,ここに根拠地を建設した。これがポルトガルの海外進出の第一歩となった。…

※「ジョアン[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジョアン[3世]の関連キーワード鳥居引拙赤松政秀オバンドコスタリカ茶室ピサロ(Francisco Pizarro)モクテスマ(2世)コロンブスの航海キプチャクハン国金魚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android