ジョイス ケアリー(英語表記)Joyce Cary

20世紀西洋人名事典の解説

ジョイス ケアリー
Joyce Cary


1888.12.7 - 1957.3.29
英国の小説家。
ロンドンデリー生まれ。
別名アーサー・ジョイス・ルーネル ケアリ。
エジンバラ大学、パリで美術を学び、オックスフォード大学で哲学を専攻、1913年志願兵としてバルカン戦争従軍。その後英国領ナイジェリアの役人となり第一次大戦に参加、’20年退官後帰国し作家活動に入る。処女作「救われたエイサ」(’32年)、「ミスター・ジョンソン」(’39年)はアフリカの体験を著し、次第に認められ、「彼女も驚いた」(’41年)、「巡礼」(’42年)、「馬の口」(’44年)の3部作で文名を確立。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョイス ケアリー

生年月日:1888年12月7日
イギリスの小説家
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android