ジョセフ クーデルカ(英語表記)Josef Koudelka

現代外国人名録2012の解説

ジョセフ クーデルカ
Josef Koudelka


国籍
フランス

専門
写真家

生年月日
1938/1/10

出生地
チェコスロバキア ボスコヴィツェ

学歴
プラハ工科大学(航空学)卒

経歴
大学卒業後ジプシーを題材に写真を撮り始め、定住せず、独自の言語・習慣・文化を持つ放浪の民族を共感をこめて撮影。1968年ソ連のプラハ侵攻を取材、この時の写真でロバート・キャパ賞を受賞。’70年英国に亡命、’74年マグナムのメンバーになり、’78年写真集「ジプシー/旅の終り」(’75年)でナダール賞を獲得。’85年自ら亡命者となりヨーロッパや米国を放浪した過程をまとめた「エグザイル/亡命者たち」を発表、これがフランスの国土開発局から招待されるきっかけとなり、同局の依頼で’86年からフランス国内を撮影。のちフランス市民権をうる。’91年アンリ・カルティエ・ブレッソンの功績を讃え、その名を冠した写真賞の第1回目の受賞者に選ばれた。他の写真集に「ジョセフ・クーデルカ プラハ侵攻1968」など。

受賞
メリット勲章〔2002年〕 ロバート・キャパ賞〔1969年〕;ナダール賞〔1978年〕「ジプシー/旅の終り」;アンリ・カルティエ・ブレッソン賞(第1回)〔1991年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android