コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョルジュ・ルオー(1871~1958)

1件 の用語解説(ジョルジュ・ルオー(1871~1958)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジョルジュ・ルオー(1871~1958)

20世紀フランスを代表する画家の一人で、マティスらとともに「野獣派」に分類される。太い線と深みのある色彩を駆使し、キリストを主題にした作品群が特に有名。1912年の父の死を契機にミセレーレ(ラテン語で「憐(あわ)れみたまえ」の意味)の制作を構想。身近で経験した第1次世界大戦への憤りを込めながら27年に完成させた。版画集の刊行は48年までずれ込んだ。佐藤さんの所有作はこのとき刊行された限定450部の一つ。

(2010-05-23 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョルジュ・ルオー(1871~1958)の関連キーワードエルンストギーゼキンググラースコローシャルパンティエラモールーベンスパステル画フィビヒマルモンテル, フランソワ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone