ジョン ヒックス(英語表記)John Hicks

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン ヒックス
John Hicks


1941.12.21 -
米国のジャズ演奏家。
ジョージア州アトランタ生まれ。
1961年シカゴでアル・グレイ〜ビリー・ミッチェルのコンボで活動を始め、’62年ニューヨークに進出し、ラッキー・トンプソン等と共演。’64年アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズで活動。’65年JMと来日。’67年ハンク・モブレーと共演し、レコーディングを行う。’75年初リーダー作「ヘルズ・ベルズ」をストライタ・イーストに録音。’85年デビッド・マレーと来日。代表作「スケッチ・オブ・トーキョー」等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android