ジョン・ハワード ノースロップ(英語表記)John Howard Northrop

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン・ハワード ノースロップ
John Howard Northrop


1891.7.5 - 1987.5.27
米国の生化学者。
元・カリフォルニア大学教授。
ニューヨーク州ヨンカーズ生まれ。
大学卒業後、1924年からロックフェラー医学研究所で、退職まで研究を続けた。ジャック・ロブの研究室で第一次、二次大戦ともに科学兵器研究に従事し、’30年にはタンパク分解酵素ペプシンを精製して純粋な結晶化に成功。又、ウィルスの純化、ジフテリア抗毒素の結晶化にも成功し、’46年に酵素、ウィルスタンパクの純粋調整の業績で、サムナースタンリーとともにノーベル化学賞を受賞した。著書に「結晶化酵素」(’39年)などがある。’49年にはカリフォルニア大学細菌学教授も務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョン・ハワード ノースロップ

生年月日:1891年7月5日
アメリカの生化学者
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android