コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョン・オブ・ゴーント John of Gaunt

1件 の用語解説(ジョン・オブ・ゴーントの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジョン・オブ・ゴーント【John of Gaunt】

1340‐99
イングランドエドワード3世の第4子でランカスター公。ゴーントの名は生地フランドルヘントGentにちなむ。2歳でリッチモンド伯,初代ランカスター公ヘンリーの姪ブラーンシュと結婚し,62年ランカスター公となって広大な公領を得た。二人の間に後の国王ヘンリー4世が生まれた。ジョン百年戦争で兄エドワード黒太子とともにフランススペインで戦った。ブラーンシュの没後カスティリャ王の娘コンスタンスと結婚し以後カスティリャ王を僭称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジョン・オブ・ゴーントの関連キーワードイワン興国緩和ケア外国人観光客首都圏の待機児童日本でのハロウィーン延元興国常福寺イワン・カリタ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone