ジョン ヤング(英語表記)John Young

20世紀西洋人名事典「ジョン ヤング」の解説

ジョン ヤング
John Young


1920 -
米国の言語学者。
シートン・ホール大学アジア研究所所長。
中国生まれ。
1951年ジョージタウン大学より修士号を取得。’55年ジョンズ・ホプキンス大学より邪馬台国の研究で博士号を取得。その後シートン・ホール大アジア研究所所長就任。学生用の日本語テキストを日本人と共著で出版。日本に関する著書に「The Location of Yamatai:A Case Study in Japanese Historiography,720〜1945」(’53年)、「The Research Activities of the South Manchuria Railway Company,1907〜1945:A History and Bibliography」(’66年)等がある。

ジョン ヤング
John Young


1922.3.16 -
米国のジャズ・ピアノ奏者。
アーカンソー州リトルロック生まれ。
ピアノを9歳で始め、1942〜47年アンディ・カーク、’47〜50年ディック・デイビス、’51〜55年エディ・チャンブリーの楽団で活動。’55年以来自己のトリオを率いてシカゴで活躍。又シカゴ大学教鞭をとり後進の指導にも当たっている。代表作「ヤング・ジョン・ヤング」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android