ジョヴァンニ ジェンティーレ(英語表記)Giovanni Gentile

20世紀西洋人名事典の解説

ジョヴァンニ ジェンティーレ
Giovanni Gentile


1875.5.30 - 1944.4.15
イタリアの哲学者,ファシズム政治家。
元・ローマ大学教授。
シチリアのカステルベトラーノ生まれ。
新ヘーゲル主義哲学者で、ピサ大学に学び、クローチェと共に哲学雑誌「批評」を1903年から発刊。パレルモ、ピサ、ローマの各大学で哲学教授を歴任、その間ムッソリーニ内閣で文相を務め’25年ファシズムを支持する知識人宣言の起草者となりクローチェと対立、「イタリアーナ百科事典」の編集責任者、イタリア学士院長の要職に就く。ファシズムの文化政策に深く関与。’44年政敵に暗殺される。著書に「純粋行為としての精神の一般理論」(’16年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョヴァンニ ジェンティーレ

生年月日:1875年5月30日
イタリアの哲学者,政治家
1944年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android