ジョージア(グルジア)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジョージア(グルジア)

1991年に旧ソ連から独立。国内で分離独立を主張するアブハジアと南オセチア問題にからんでロシアと緊張が絶えない。2008年夏には武力衝突し、外交関係も断絶した。人口430万人。1人当たりGDP(国内総生産)は約3600ドルで、日本の10分の1。主な援助国は米独。

(2015-06-30 朝日新聞 朝刊 2外報)

ジョージア(グルジア)

カスピ海と黒海に挟まれた旧ソ連国。人口400万人。格闘技が盛んで、レスリングや柔道では五輪金メダリストが輩出。ラグビーは世界ランク12位で、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップに出場する。

(2018-05-29 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョージア(グルジア)の関連情報