ジョージ・アーサー アカロフ(英語表記)George Arthur Akerlof

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・アーサー アカロフ
George Arthur Akerlof


1940 -
米国の経済学者。
著作に「経済学者の物語集」(1984年)などがあり、情報の不完全性が存在する場合に、市場の失敗が起こると主張した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ジョージ・アーサー アカロフ
George Arthur Akerlof

職業・肩書
経済学者 カリフォルニア大学バークレー校名誉教授

国籍
米国

生年月日
1940年6月17日

出生地
コネティカット州ニューヘブン

専門
情報の経済学

学歴
エール大学〔1962年〕卒,マサチューセッツ工科大学

学位
博士号(マサチューセッツ工科大学)〔1966年〕

資格
米国芸術科学アカデミーフェロー

受賞
ノーベル経済学賞〔2001年〕

経歴
1966〜77年カリフォルニア大学バークレー校助教授・準教授、’77〜78年、’80年同大教授。この間、’78〜80年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)教授。’94年よりブルッキングズ研究所上級研究員兼任。中古車市場をテーマに情報の差が市場にどう反映するかを分析したことで知られ、“レモン(欠陥品)の原理”が有名。’70年代以降、売り手と買い手、貸手と借り手の間にある“情報の非対称性”を分析する基礎を築く。2001年情報のあり方が市場に与える影響を解明しようとする、情報の経済学に道を開いたとして、ジョセフ・スティグリッツ・コロンビア大学教授、マイケル・スペンス・スタンフォード大学教授とともにノーベル経済学賞を受賞。著作に「ある理論経済学者のお話の本」、共著に「アニマルスピリット」「アイデンティティ経済学」などがある。妻はエコノミストで、女性初の連邦準備制度理事会(FRB)議長となったジャネット・イエレン。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報