ジョージ オーウェル(英語表記)George Orwell

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ オーウェル
George Orwell


1903.6.25 - 1950.1.21
英国の小説家。
インド(ベンガル)生まれ。
官吏の子としてインドに生まれ、奨学金イートン校を卒業。大学に進まずビルマの警察官となる。5年後職を辞しパリで窮乏生活を送る。1929年英国に帰国、教師や書店員をしながら「パリ、ロンドン零落記」(’33年)や、小説「ビルマの日々」(’34年)を発表。’36年「ウィガン波止場への道」を著し、スペイン内戦に共和側として参加し負傷。’38年「カタロニア賛歌」発表。第二次世界大戦中、BBCで極東宣伝放送を担当し、スターリン体制を戯画化した「動物農場」(’45年)を執筆。未来小説「1984年」(’49年)はベストセラーとなる。その他の作品に、評論集「象を射つ」(’50年)、自伝「あの楽しかった日々」(’53年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョージ オーウェル

生年月日:1903年6月25日
イギリスの作家
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android