コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージ1世 ジョージいっせいGeorge I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョージ1世
ジョージいっせい
George I

[生]1660.5.28. ハノーバーオスナブリュック
[没]1727.6.11. ハノーバー,オスナブリュック
ハノーバー朝初代のイギリス王 (在位 1714~27) 。ハノーバー選帝侯エルンスト・アウグストとイングランド王ジェームズ1世の孫ゾフィーとの間の長男。 1698年父の死によって選帝侯の位を継ぐ。 1714年6月母ゾフィーが没し,続いて8月アン女王が没したため,王位継承法によりジョージ1世として即位。 54歳でドイツから招かれたこのイギリス王は,国民の間で不人気で,しかもトーリー党政治家にはジャコバイトが多かったので,彼はもっぱらホイッグ党政治家に依存して王位の安泰をはかった。英語が話せなかったため,国政を臣下にまかせ,それが責任内閣制を促した,とされるが,実際にはイギリスの政治に決して無関心ではなかった。しかし,皇太子との不和に重臣たちの対立がからみ合って,国政指導の成果を発揮しえなかった。結局,南海泡沫事件 (20) を契機に,翌年から R.ウォルポールの長期安定政権が成立し,ハノーバー朝の支配も定着した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョージ1世

生年月日:1660年5月28日
イギリス,ハノーバー朝初代国王(在位1714〜27)
1727年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ジョージ1世の関連キーワードウォルポール(Sir Robert Walpole 1st Earl of Orford)マックルズフィールド(伯家)カロライン[アンスバハ]ニューブランズウィックニューカッスル(公)ハリファックス(伯)ハノーバー選帝侯国ボーリングブルックケンドル(婦人公)オーモンド(公)ジョージ[1世]ケンジントン宮殿ジョージアン様式マールバラ(公)ケーニヒスマルクジョージ(2世)トン税・ポンド税フリードリヒ5世ジョージ[2世]ジョージ朝建築

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android