コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージ5世海岸 ジョージごせいかいがんGeorge V Coast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョージ5世海岸
ジョージごせいかいがん
George V Coast

南極大陸のインド洋岸,ウィルクスランドとビクトリアランドの間,東経 142°20′~153°にある海岸。 1911~14年に D.モーソンらのオーストラリア南極探検隊が踏査,当時のイギリス王の名にちなんで命名した。ニンニス,メルツの2つの大きな氷河がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョージ5世海岸
じょーじごせいかいがん
George V Coast

南極大陸、ウィルクス・ランド内の、東経142度2分(アルデン岬)と153度45分(ハドソン岬)との間の海岸。1912~13年、オーストラリアのダグラス・モーソンがこの沿岸を調査し、当時のイギリス国王の名をつけた。メルツ氷河、ニンニス氷河などが海に延びている。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例