コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンチュウ(腎虫) ジンチュウDioctophyme renale

世界大百科事典 第2版の解説

ジンチュウ【ジンチュウ(腎虫) Dioctophyme renale】

ジンチュウ科の線形動物イヌキツネイタチ,ブタ,ウマ,ウシ,人間などの腎臓,とくに腎盂(じんう)に寄生するのでこの名があるが,腹腔胸腔に寄生することもある。ひも状で,体長が20cm~1m,雄が14~45cmで,体幅は4~12cm。大きな個体は血赤色で,体表に輪状線がある。また側線に沿って小さな乳頭突起が並んでいる。口の周囲に6個の乳頭がある。雌の生殖口は頭端から5~7cmの場所にあって,大きさがほぼ0.07mm×0.04mmのビール樽状の卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android