コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンチュウ(腎虫) ジンチュウDioctophyme renale

1件 の用語解説(ジンチュウ(腎虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジンチュウ【ジンチュウ(腎虫) Dioctophyme renale】

ジンチュウ科の線形動物。イヌ,キツネイタチ,ブタ,ウマ,ウシ,人間などの腎臓,とくに腎盂(じんう)に寄生するのでこの名があるが,腹腔や胸腔に寄生することもある。ひも状で,体長は雌が20cm~1m,雄が14~45cmで,体幅は4~12cm。大きな個体は血赤色で,体表に輪状線がある。また側線に沿って小さな乳頭突起が並んでいる。口の周囲に6個の乳頭がある。雌の生殖口は頭端から5~7cmの場所にあって,大きさがほぼ0.07mm×0.04mmのビール樽状の卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone