スイス銀行[会社](読み)スイスぎんこう

百科事典マイペディアの解説

スイス銀行[会社]【スイスぎんこう】

スイス3大商業銀行の一つとして知られた銀行。略称SBC。1872年個人銀行6行がバーゼル銀行として設立したのが始まり。1895年チューリッヒ銀行を合併し,1897年にスイス銀行と改称。その後,ロンドン,ニューヨークに事務所を開設し,海外から積極的に資金を導入,スイスの政治的安定と中立性を武器に発展させた。また,一般銀行業務以外にスイスの内外で証券業務,投資信託,貴金属取引などを手がけた。国際部門を強化するため,1995年にS.G.Warburg社を買収。1998年6月スイス・ユニオン銀行(旧UBS)と合併,新会社UBS(United Bank of Switzerland)は世界最大級の銀行となった。
→関連項目日本長期信用銀行[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android