コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイゼンジノリ(水前寺苔) スイゼンジノリAphanothece sacra (Suringar) Okada

世界大百科事典 第2版の解説

スイゼンジノリ【スイゼンジノリ(水前寺苔) Aphanothece sacra (Suringar) Okada】

長さ数cmのやや扁平で不規則な形状をした群体性のラン藻の1種。九州地方の熊本県や福岡県の湧泉およびその近くの池や小川の底に生育する。製品は水前寺苔や寿泉苔(じゆせんたい)などの商品名で市販され,食用に供される。群体はやや固い寒天質で,押しつぶして顕微鏡でみると,内部に大きさ3.5~4.0μm×6~7μmの楕円形,暗緑色の多数の細胞が埋在する状態がわかる。この藻は初めスリンハーW.F.R.Suringarにより新属新種としてPhylloderma sacrum Suringarの学名が与えられた(1872‐74)が,後にAphanotheceと別属にする理由がないとして1953年に上記のように学名が変わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスイゼンジノリ(水前寺苔)の言及

【淡水藻】より

… 学問上貴重であるとして国の天然記念物に指定されている淡水藻には次の6種がある。ラン藻のスイゼンジノリ(熊本市江津湖),紅藻のチスジノリ(熊本県菊池川と鹿児島県川内川),紅藻のオキチモズク(愛媛県川内町,熊本県志津川および長崎県土黒川),黄金色藻のヒカリモ(千葉県富津市竹岡),緑藻のマリモ(北海道阿寒湖),車軸藻のシラタマモLamprothamnium succinctum Wood(徳島県出羽島大池)。ちなみに海藻では緑藻のクロキヅタCaulerpa scalpelliformis Ag.var.denticulata W.v.Bosse(島根県隠岐島)のただ1種である。…

【ノリ(海苔)】より

…食用にする柔らかな葉状またはコケ状の藻類,およびそれらを原料とした製品の総称。ノリとは,ぬるぬるする意味の〈ぬら〉からなまったことばで,この名がつく藻類は海産のものではアオノリ,ハバノリ,アサクサノリ,ウシケノリ,オゴノリ,オキツノリ,トサカノリ,イバラノリなど,淡水産でもカワノリ,スイゼンジノリなどひじょうに多い。しかし単にノリといえば,アサクサノリの属する紅藻類ウシケノリ科のアマノリ類をさす。…

※「スイゼンジノリ(水前寺苔)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android