コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイラン Hololeion krameri Kitam.

世界大百科事典 第2版の解説

スイラン【Hololeion krameri Kitam.】

山野の湿地に生えるキク科多年草(イラスト)。日本固有種で,本州の長野県以西,四国,九州に分布する。斜上する根茎から,長さ15cmほどの白色の匍匐(ほふく)枝が地中に伸び,栄養繁殖を行う。茎は直立して高さ1m内外。葉は裏面が粉白をおび,根出葉は線状披針形で長さ50cmになる。葉形がランに似ており,湿地に生えるところからスイラン(水蘭)とよばれる。切ると白い乳液が出る。9~10月ごろ,茎の先が分枝し,黄色の径3~3.5cmほどの頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイラン
すいらん / 水蘭
[学]Hololeion krameri (Fr. et Sav.) Kitam.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ約1メートル。白色の細長い走出枝が地中に伸び、栄養繁殖を行う。葉は線形で長さ約50センチメートル、裏面は粉白色を帯び、切ると乳液が出る。9~10月、茎の上部が分枝し、黄色で径約3センチメートルの頭花をつける。小花は舌状花のみからなる。山野の湿地に生え、中部地方以西の本州から九州に分布する。名は、ランと似た葉をつけ、湿地に生えることによる。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スイランの関連キーワードバイドゥ(貝杜)オアシスバンダ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スイランの関連情報