コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェーデンの認知症ケア

1件 の用語解説(スウェーデンの認知症ケアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スウェーデンの認知症ケア

かつて、認知症の人は療養型病床のある施設などで受け入れるのが一般的だった。1992年に「エーデル改革」という社会保障改革があり、ケアの場を医療から福祉へ移行。施設もケア付き住宅に転換した。各自治体は認知症の人が長く地域で暮らせる在宅介護を充実させた。「ニルスの国の認知症ケア」などの著書がある藤原瑠美さんは認知症の母親の介護をした経験から同国のケアに関心を持ち、数回訪れて取材してきた。「デイケアでは、職員が利用者に『今日は何がしたい?』と聞いているのをよく目にした。スウェーデンのケアには個人の尊重が根底にあると感じた」と話す。

(2013-10-31 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウェーデンの認知症ケアの関連キーワード老人病院療養型病床群療養病床介護施設介護療養型老人保健施設指定介護療養型医療施設認知症サポーター制度療養型病院認知症サポーター認知症患者の療養場所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スウェーデンの認知症ケアの関連情報