コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェーデン総選挙

1件 の用語解説(スウェーデン総選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スウェーデン総選挙

議会は一院制で、定数349を比例代表制で争う。任期4年。国民の関心は高く、投票率は80%を超える。2006年の総選挙で12年ぶりに政権交代し、10年も穏健党を中心とする連立政権の続投となった。06年までは社会民主労働党が政権を担った期間が長く、高福祉・高負担の「大きな政府」の基盤をつくってきた。10年には「反移民」を掲げる右翼政党の民主党が初めて国政に進出し、20議席を獲得した。

(2014-09-14 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウェーデン総選挙の関連キーワード両院制比例代表制ラグ方式クネセット非拘束名簿式比例代表制クネセト比例名簿イスラエル総選挙ウクライナの議会選挙ドイツの選挙制度ギリシャの総選挙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スウェーデン総選挙の関連情報