コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカウルス スカウルスScaurus, Marcus Aemilius

2件 の用語解説(スカウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカウルス
スカウルス
Scaurus, Marcus Aemilius

[生]前162頃
[没]前89頃
古代ローマの政治家。元老院の指導者。有力ではないパトリキ (貴族) の出身で,努力して富と地位を得た。メテルス家の支持を受け,前 115年執政官 (コンスル ) ,筆頭元老院議員 (プリンケプス ) となり,メテルス家を背景に大きな権力を握った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スカウルス
スカウルス
Scaurus, Marcus Aemilius

[生]?
[没]前52以後
古代ローマの政治家。 M.A.スカウルスの子。ポンペイウス (大ポンペイウス) のもとで財務官 (クアエストル ) となり,第3次ミトラダテス戦争 (前 66~61) に参加。ユダヤとナバテアの紛争を調停,アレタ3世にナバテア支配を認めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スカウルスの関連キーワード租税危害犯概数否認権労働審判液化石油ガスLPG液化天然ガスLNG旧石器時代遺跡ねつ造事件フリーエージェント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone