コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカウルス Scaurus, Marcus Aemilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカウルス
Scaurus, Marcus Aemilius

[生]前162頃
[没]前89頃
古代ローマの政治家。元老院の指導者。有力ではないパトリキ (貴族) の出身で,努力して富と地位を得た。メテルス家の支持を受け,前 115年執政官 (コンスル ) ,筆頭元老院議員 (プリンケプス ) となり,メテルス家を背景に大きな権力を握った。多くの裁判に関係。前 109年戸口総監 (ケンソル ) に就任し,エミリア街道の建設を指揮。前 100年にはサツルニヌス一派を公敵とする非常事態宣言を発するなど,元老院政治の立役者として活躍した。

スカウルス
Scaurus, Marcus Aemilius

[生]?
[没]前52以後
古代ローマの政治家。 M.A.スカウルスの子。ポンペイウス (大ポンペイウス) のもとで財務官 (クアエストル ) となり,第3次ミトラダテス戦争 (前 66~61) に参加。ユダヤとナバテアの紛争を調停,アレタ3世にナバテア支配を認めた。前 56年法務官 (プラエトル ) ,前 55年サルジニアのプロプラエトル。前 54年属州での不当取得を弾劾されたが,M.キケロと Q.ホルテンシウスの弁護により無罪。しかし前 52年選挙の買収のため追放された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スカウルスの関連キーワードアレタス3世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android