コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカッドとノドン

1件 の用語解説(スカッドとノドンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スカッドとノドン

スカッドは射程300~500キロの短距離弾道ミサイル北朝鮮は80年代、エジプトから旧ソ連製のスカッドBを入手して分解、研究。射程を伸ばしたスカッドCを開発した。計約600発を保有するとされる。ノドンはスカッドの技術をもとに開発したとされる中距離弾道ミサイル。1段式で射程は約1300キロ。日本のほぼ全域が圏内に入る。93年5月に初めて発射実験が行われ、06年7月には長距離弾道ミサイルテポドン2」やスカッドとともに発射された。約200発を保有し、実戦配備を完了しているとされる。

(2009-07-05 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカッドとノドンの関連キーワードスカッド北朝鮮のミサイル開発射程スプリンター短距離ヘッドハンターINFSRINFSRBM北朝鮮の弾道ミサイルの射程

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スカッドとノドンの関連情報