スカラップ(英語表記)scallop

翻訳|scallop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカラップ
scallop

服飾用語で,帆立貝の縁のような波状模様の縁飾り原義は帆立貝,またはその殻の意。布の縁のほつれ止め,補強および装飾を兼ねており,また形も単純なものから複雑なものまである。技法は一般にボタンホールステッチで繍取る方法と,見返し状に2枚の布を重ねる方法とに分けられる。ステッチはハンカチーフスカーフなど1枚仕立ての薄物,レース,刺繍などの手芸品に,見返しの方法は婦人子供服のスカートや上着の裾,襟ぐり,襟の縁,下着などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

スカラップ【scallop】

ほたて貝またはその形に似た鍋なべに入れた西洋料理。スカロップ。
洋裁で、襟・裾すそなどの半円を連ねたような波形の縁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スカラップ

〘名〙 (scallop)
① 帆立て貝。また、帆立て貝やその形を模した鍋を用いる料理。
② 帆立て貝のへりのような波形模様。波形の切り込み、刺繍(ししゅう)。衣料品などのふち飾りとする。
※刺繍(1932)〈小檜山英〉基礎縫「スカラップの基礎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スカラップの関連情報