コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカンジナビア史 スカンジナビアし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカンジナビア史
スカンジナビアし

スカンジナビアの語は,ノルマン人の国を意味する古称で,歴史的にはスウェーデン,ノルウェー,デンマーク,アイスランド,フィンランドを含む。民族大移動後,ゲルマン民族が定着し,6世紀以後諸部族の統合が進み,9~11世紀スウェーデン,デンマーク,ノルウェーの3国はそれぞれ統一王権を形成,14世紀末「カルマル同盟」を結成した。この同盟は実質的にはデンマークの他国支配であったから他の2国の反乱が絶えず,特にスウェーデンは事実上早くから独立し,グスタフ・バーサ (グスタフ1世 ) のスウェーデン王即位 (1523) をもって同盟を解体した。その後もノルウェーはデンマークとの従属的同盟を続け,のち 1814年スウェーデンへ割譲され,完全な独立は 1905年に実現した。アイスランドは9世紀末より主としてノルウェー人によって植民され,ノルウェー,次いでデンマーク領となり,1944年独立した。フィンランドは 13世紀スウェーデン領となり,以後スウェーデンの対ロシア政策の前進拠点,兵力供給源とされ,スウェーデン勢力の後退後は,帝政ロシアに併合され (1809) ,ロシア革命により独立した (1918) 。第1次世界大戦中,イギリス,ドイツの圧迫下に多大の損害を受けたスカンジナビア諸国には,汎スカンジナビア主義が生れ,第2次世界大戦後も学問,文化,経済において多くの民間ベースの協同関係をもつのみならず,政治的にもしばしば共同歩調をとっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スカンジナビア史の関連キーワードヘイムスクリングラ

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android