コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキピオのサークル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキピオのサークル

前2世紀中頃のローマで,小スキピオのまわりに集った当時最高の教養人たちのサークル。指導者は彼と,その親友でストア哲学の造詣のゆえに「賢者」と呼ばれたラエリウスの2人で,ともにすぐれた雄弁家。彼らはギリシア文化の信奉者で,その移入を考え,両文化の融合を目指した。ギリシアの歴史家ポリュビオスがこれに尽力し,ストア派のパナイチオスはこのサークルの哲学と政治思想に決定的影響を与えた。風刺詩サトゥラの詩人ルキリウス,喜劇作家テレンチウスもこれに属した。キケロがこのサークルの人々を再三その対話篇に登場させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スキピオのサークルの関連キーワードテレンティウスカトー(大)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android