コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキミング価格政策 スキミングかかくせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキミング価格政策
スキミングかかくせいさく

新製品を市場へ導入する際の価格政策の一つで,初期に高価格を設定して高所得者層を引きつけた後に,一般に普及していくに従って価格を下げていくこと。日本におけるテレビや汎用 (はんよう) コンピュータなどがそのよい例である。この価格設定法を使って市場で成功を収めるには,新製品が市場において画期的であることが必要とされる。それと逆のスタイルの政策がペネトレーション価格政策である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報