スキャン時の色数(読み)すきゃんじのいろすう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スキャン時の色数

スキャナーなどの画像をデータ化して取り込むことをスキャンという。色数が256色(8ビット)の画像データは、ドット(画素)1つあたり1バイト(8ビット)の情報を持つ。したがって、1024×768ドットの256色の画像ファイルサイズは、1024×768=786キロバイトとなる。6万5536色は16ビットで表現されるので1ドットの画素を表現するのに2バイトが必要だ(16ビットは2バイト)。そのため、1024×768×2=約1.5メガバイトになる。反対にファイルサイズを300キロバイト程度に納めたいという場合、8ビットの256色の半分、つまり4bitの64色以下に減色するか(ファイル形式によっては256色以下に減色できない場合もある)、JPEG形式などで保存すればいい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android