スキャン時の色数(読み)すきゃんじのいろすう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スキャン時の色数

スキャナーなどの画像をデータ化して取り込むことをスキャンという。色数が256色(8ビット)の画像データは、ドット(画素)1つあたり1バイト(8ビット)の情報を持つ。したがって、1024×768ドットの256色の画像ファイルサイズは、1024×768=786キロバイトとなる。6万5536色は16ビットで表現されるので1ドットの画素を表現するのに2バイトが必要だ(16ビットは2バイト)。そのため、1024×768×2=約1.5メガバイトになる。反対にファイルサイズを300キロバイト程度に納めたいという場合、8ビットの256色の半分、つまり4bitの64色以下に減色するか(ファイル形式によっては256色以下に減色できない場合もある)、JPEG形式などで保存すればいい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android