コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スギモク(杉藻屑) スギモクCoccophora langsdorfii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スギモク(杉藻屑)
スギモク
Coccophora langsdorfii

褐藻類ヒバマタホンダワラ科の海藻。日本海特産。根状部は瘤状で低潮線付近の岩の上に着生する。根状部からは数本の茎が出て,長さ 40~50cm,円柱状,糸状で複叉状に分岐した葉を輪生するが,下部のものから順に脱落する。気胞は紡錘形で葉のところどころにつく。ときに2~3個つながってできる。越年後,この枝の上部に2次葉を生じるが,この葉は鱗片状で密生し,スギの葉状を呈している。枝の頂部の数葉は卵形で,黄金色の生殖器托になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報