コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクラッチパッドメモリー すくらっちぱっどめもりー

1件 の用語解説(スクラッチパッドメモリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スクラッチパッドメモリー

CPUの近くに配置する高速・小容量なメモリーのこと。メインメモリーと同様に、オーバーレイ方式を利用してプログラムデータのやりとりを高速に処理する。キャッシュメモリーの登場以前は一般的に使われていたが、明示的なメモリー管理が必要だったため、次第にキャッシュメモリーへと置き換わっていった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクラッチパッドメモリーの関連キーワードATXキャッシュメモリー2次キャッシュメモリーリーク親族席メモリーコントローラー要黐前哨嘗め物布局

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone