コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリボニア Scribonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクリボニア
Scribonia

[生]?
[没]16以後
オクタウィアヌス (のちのローマ皇帝アウグスツス ) の2度目の妻。兄のスクリボニウス・リボの義子がセクスツス・ポンペイウスで,オクタウィアヌスとの結びつきに利用されて,前 40年3度目の結婚。前 39年ユリアを産み,前 38年離婚させられた。前2年ユリアが淫蕩のかどで追放され,それに従ってパンダテリア島 (ナポリ沖) におもむいた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android